忍者ブログ
過去、コンチェルトゲートの主に身内向け業務連絡用として存在していました(2010年秋。事実上の更新終了です)
[266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



気配はあった。空気がじわりと湿る。

ゴロゴロ音のすぐあとで、スコールのような通り雨。南から来たに違いない。

慌てて取り込んだ洗濯物を畳む傍ら、

南国育ちのチャコは懐かしい気持ちで雨を眺めていた。

彼女は、家房チャコ。珍しくもない漢字の、少し珍しい組み合わせ。

イエフサチャコ。正しく読む人が半分、カボウと読む人が三分の一ぐらい。

子供の頃のあだ名は、チャコちゃん、チャーちゃん、カボちゃん。そんな感じ。

中高時代は、チャコ、カボウチャコ、カボチャ、カボサン。

最近では、イエフサさんと呼ばれることが殆どだ。




 



一人暮らしを始めて半年になる。独り言が増えた。人恋しいのかもしれない。

最近、暖かみのあるキャラクターに惹かれて、なんとなく始めたMMOPRGにはまっている。

勇者じゃないところが気に入ったし、気ままに生産を楽しめるのがいい。

だけど、戦闘万歳で生産をないがしろにする運営は気に入らない。頭かち割ってやりたい。

今日はもくもくと南瓜を集めている。放置で狩猟できるところが素敵。

生産の傍ら、ファンサイトと公式サイトを眺めるのが日課。


「ああ、本物だわ」

溜息交じりに呟いたそれは、よくない意味の本物。

公式サイトの新着情報を見てのものだ。

金品をエサに集客し、ボスモンスターを倒す時間を競うという最低な企画だ。

運営の戦闘自慢にいらだつのは何故だろう。

今に始まったことではないし、毎々非難されるにもかかわらず、何度もやらかすのだ。

ここの運営は本物だわ。戦闘万歳で生産嫌い。戦闘しないプレイヤーを排除したいのだ。

「そんなことより、家庭菜園まだなの?」

ついつい出てしまう独り言。

楽しめるところだけ拾えばいいのだろうけれど、少しばかり頭の皮が固いのかもしれない。

チャコは自嘲気味に苦笑した。






カボンカボン~。カボンカボン~

突然の着信音にはっとした。チャコにとって特別な音、なのだ。

「武野くんだ!!」

出会いは小学2年生。チャコのクラスに転向して来た背の低い男の子。

ずっとずっと"前へ習え"をさせて貰えなかった武野くん。

だけど、高校生の頃にぐんぐんと背が伸びて、雨後のタケノコなんて評されている。

チャコは大きく深呼吸をして電話にでる。

近くにいる。雨宿りに寄ってもいいかな、そんな内容だった。

何かの口実のような気もするし、気のせいだとも思う。



武野くんはチャコのことをカボちゃんと呼ぶ数少ない生き残り。

彼とチャコとの関係は、ずっとずっと小学2年生のままなのだ。

幼馴染というには微妙。だけど、幼馴染じゃないとも言えなくて。

武野くんにカボちゃんと呼ばれることは、どこかくすぐったくて嫌いじゃない。

けれど、嬉しいといえば嘘になる。

武野くんもチャコも、もう小学2年生じゃない。十分な大人なのだ。

今日こそ言うんだ、勇気を出して。



「カボって……言って?」

武野くんがカボって呼んでくれたら、変われる気がする。進める気がする。

これは、勇者じゃないチャコの戦い。

今の彼女にできること、それは手と手を繋ぐこと。勇気を出して、前へと歩むこと。

いつの間にか雨は止み、チャコの視界には、緑黄色の夕焼けが広がっていた。








野菜の国の勇者様 ~家房チャコの場合~
















当記事は、全てフィクションです。
実在するMMORPG、野菜、野菜的存在は、たぶん無関係です。














PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
Copyright
Published by Gamepot Inc. Developed by ponsbic © 2007-2009 SQUARE ENIX CO., LTD All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布等)は禁止されております。
Counter
忍者ブログ [PR]